スポンサード リンク

2016年06月10日

手作りチャンルー風ブレスレットの材料

 チャンルーのブレスレットは 革でできたコードとビーズ、糸、留め具のボタンという非常にシンプルな材料でできています。とくに留め具の部分はボタンをコードに通して結ぶだけなので
一般的なアクセサリーの留め具のような部品が必要なく、その点でも手軽に作りやすいと思います。

 では、材料について順番に説明します。

 革(レザー)コード

丸革ひも。平べったいものは適さない。1.5ミリ径。
革コードは2本必要です。
チャンルー風に何重にも巻く場合、長さは1本につき1.5m以上必要になります。
手芸店によっては1mカットのものしか販売していないこともあるので
好みの長さを量り売りしてくれるところで購入します。
ちなみに1本1mで作成すると腕に巻けるのは女性で2周〜2.5周くらい。

おすすめ↓
A15Y-本牛革コード丸(国産)1.5mm 【1m単位の切り売り】


 ビーズ

チャンルー風に作るなら丸いビーズがおすすめです。
初めて作る場合はあまり細かいと挫折するので
ひとつ5ミリはあったほうが良い。

全部同じ石を使っても良いし、
好みでバラバラにしても、色んな石を使ってもいい。
途中で大きさが変わっても大丈夫なので
中央部分だけ大玉にするとかもアリ。


 ボタン

二つ穴の開いた薄めのものひとつ。
チャンルー風に作る場合、シルバーのボタンで。
大きさは1〜1.5センチ程度。


 

ビーズが通る太さのものなら何でも良い。
一つのビーズに2回は糸を通すし、
長さが足りなくなった場合結んで継ぎ足すので、あまり太いとダメ。
細すぎても強度が不安なので
ビーズステッチ糸などがおすすめ。

色は革コードに合わせるのが無難です。


 

 あまり太いとビーズに通せないため、細めが良い。
糸を通してビーズの穴を2回は通れる太さで。



2013年10月21日

チャンルー風ブレスレットに使うボタンパーツ

 ビーズブレスレットを作るならまずTピンや9ピン、アジャスターにカシメなどたくさんの金具や用具が必要ですが、
チャンルー風ラップブレスを手作りするのに必要なものは少ないです。

 ビーズと革コード、糸と針。

 とってもシンプルな材料で作れるから手軽で始めやすいですよね^^

 でも、たった一つ
これがあればもっとカッコ良くなる!というアイテムがあります。

それは 留め具にするためのメタルパーツ


 ボタンでも代用できますが
チャンルー風にカッコ良く作りたいならメタルパーツは必須。

 高価なものではないのにインターネットでもまだ取り扱いをしているお店は少ないです・・
でもこれは是非使用していただきたいアイテム!



 こういうパーツを使うと、手作りブレスレットでも市販品のように見えますよ^^
専用品なので使い勝手も抜群。
おすすめです〜♪



2013年07月31日

チャンルー風ブレスレット材料/糸で個性を出すデザイン

写真 (6).JPG

  チャンルー風ブレスレットを作るときのデザイン案のひとつとして、
「糸で個性を出す」があります。

 普通は糸を黒や茶色の目立たない色にすることが多いと思いますが
写真のブレスレットのように革コードとのコントラストを考慮した目立つ色で編むのも素敵な方法です。

 糸の太さも太めや平たい糸を使うとより個性的になります。
「糸が主役のチャンルー風ブレスレット」もいいですよね!

 また、写真のように
革コードに何もビーズをつけない部分を作るのも。

 ビースのサイズを変えたり、糸の色や太さを変えたり、
革コードの部分にも工夫を凝らせて世界でたった一つのオリジナルを作ってみてください^^


2013年07月20日

チャンルー風ブレスレット材料/サイズ違いのデザイン

写真 (4).JPG

 チャンルー風ブレスレットを手作りするにあたって、気になるのがデザインです。
基本デザインに慣れての2本目や、
せっかく自作をするのであればデザインもオリジナリティのあるものが良いですよね。

 写真のようにビーズや天然石のサイズを大小混ぜてみるのはどうでしょう?
全て同じ大きさの石のものより躍動感があってカッコイイと思います。

 この場合は大3個の両側に中が5個ずつ、小が12〜15個ずつくらいでしょうか。
作る前にざっとデザイン画を描いてみて各サイズがいくつ必要か考えると
材料を購入するときに迷わなくて済みますね^^


2013年07月14日

チャンルー風ブレスレット材料調達・裏ワザ!


 チャンルー風ブレスレットを手作りする際、たくさんのビーズが必要になります。
ぐるぐると手首に巻きつけるデザインで5連なんかだとその数もけっこうなことに。
ファイアポリッシュビーズなどならまだしも、
天然石ビーズを使ったりスワロフスキーを使うとなると、かかる費用もそれなりに高くなります。
(それでも本家よりは安いですが!)

 そこで、少しでもお安く材料を調達するために使える
とっておき(?)の裏ワザをお教えします!


 それは、すでにネックレスとして安価で販売されているものを購入して、バラして使用すること。
天然石の種類によってはロングネックレスなどにして意外とびっくりするくらい安く売っているお店にめぐり合うことがあります。1本1,000円とかですね。

 天然石の露店で見つかることもありますし、商店街の店先で手に入ることも。
あとは、あやしいアジア輸入雑貨店とか(笑)
近くにそういうお店なんてないという方もインターネットで探してみるとありますよ。



 でもやっぱり天然石などは『石のパワー』があると言いますから、
信頼のおける店舗でバラ売り(または連パーツ)を購入して
一から作ったほうが気持ち的には良さそうですよね^^

 購入した天然石は「浄化」といって
月の光にあてたり、水晶と一緒に置いておくことで
その石が持っている悪い気を清めることができるらしいです。

 ということは、ネックレスだったものをばらして作ったとしても
浄化することで気持ちよく使えるようになるかも?


 浄化してニュートラルな状態になった天然石でアクセサリーを作ると
まさに自分のためのものになったような気がしていいと思います。



 天然石じゃなくても、
パールやビーズで安くネックレスが販売されているところもありますし
(300円均一のアクセサリーショップとか)
チャンルー風ブレスの練習程度ならそれをばらして作ってみても
材料費が抑えられるのではないでしょうか^^



2013年07月02日

チャンルー風ブレスレットの材料(石)


 チャンルー風ブレスレットを手作りする際に、重要なのは石選びです。どれを選ぶかによって完成したときの雰囲気も変わりますので
是非じっくり吟味してみてください。

 一般的によく使われるものは以下の通り。

・天然石

 チャンルー本家でも多く使用されている。
天然石を丸くビーズ状にしたもの。
ターコイズ、ローズクォーツ、アベンチュリン(緑色)、ガーネットやソーダライト等。


・スワロフスキー

 クリスタルガラスの中でも酸化鉛の含有量が多く透明感がある。
様々な色・カットがあり、光を反射してキラキラと輝く。
普通のビーズより高価だが、ネット通販などで単価の安いものを探すと良い。


ファイアポリッシュ

 グラスビーズを高熱にあてて少しだけ溶解させ、艶出ししたビーズ。
スワロフスキーより輝きは劣るが、やや丸みがあり大粒で美しい。
価格も安め。


・メタルビーズ

 金や銀のメッキが施されているビーズ。
他の石と組み合わせて使用すると高級感アップ!


・パールビーズ

 柔らかい雰囲気で女性に人気。高級感もあり、意外とファッションを選ばない。
一般的なパールの色の他に、より黄色いもの、ピンクのもの、グレーなど色の種類も豊富。
最近はコットンパールが大人気。


・ウッドビーズ

 木製のビーズ。手作りアクセサリーに使用するとネイティブ感が高まる。
合わせる革の色を派手にしても可愛い♪



 以上をシンプルに一種類で使ったり、組み合わせてみたりと
自分だけのオリジナルが作れるのが手作りの魅力ですよね!^^



 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。