スポンサード リンク

2013年06月09日

チャンルー風ラップブレスレットの作り方2 新デザインに挑戦!

写真 (8).JPG

 こんにちは^^

チャンルー風ラップブレスレットの基本的な作り方では1本の細く長いブレスレットができて
それをぐるぐると巻くことによって太さが出る、というデザインのものが多いですね。

でも、この写真のように
1連でも太いデザインのものを作ることもできるんです。

作り方は基本と同じ。
2本の革コードの間に石を編みつけていくだけです。

 編み始めに好きな本数の革コードを用意して、
端の2本から普通に石を間に編みつけ、好みの長さで仮止めします。
次に、また最初に戻って、今編んだ端のコードと、その横の新しいコードを2本として
また石を編みつけていきます。
終わったら仮止めし、また隣の新しい一本と今さっき編んだ端のコードを2本として間に石を編みつけます。
この繰り返しです。

最終的に両端を革や布でくるんで始末するとスッキリします。

 写真のようにいろんな色でカラフルにしたり
ターコイズ一色でも素敵そうですね^^

石のサイズ感でも選ぶものによってずいぶん印象が変わりそうです。

 ラップブレスレットを何本も作っているという上級者の方は
一度挑戦されてみてはいかがでしょうか?


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。