スポンサード リンク

2016年06月10日

手作りチャンルー風ブレスレットの材料

 チャンルーのブレスレットは 革でできたコードとビーズ、糸、留め具のボタンという非常にシンプルな材料でできています。とくに留め具の部分はボタンをコードに通して結ぶだけなので
一般的なアクセサリーの留め具のような部品が必要なく、その点でも手軽に作りやすいと思います。

 では、材料について順番に説明します。

 革(レザー)コード

丸革ひも。平べったいものは適さない。1.5ミリ径。
革コードは2本必要です。
チャンルー風に何重にも巻く場合、長さは1本につき1.5m以上必要になります。
手芸店によっては1mカットのものしか販売していないこともあるので
好みの長さを量り売りしてくれるところで購入します。
ちなみに1本1mで作成すると腕に巻けるのは女性で2周〜2.5周くらい。

おすすめ↓
A15Y-本牛革コード丸(国産)1.5mm 【1m単位の切り売り】


 ビーズ

チャンルー風に作るなら丸いビーズがおすすめです。
初めて作る場合はあまり細かいと挫折するので
ひとつ5ミリはあったほうが良い。

全部同じ石を使っても良いし、
好みでバラバラにしても、色んな石を使ってもいい。
途中で大きさが変わっても大丈夫なので
中央部分だけ大玉にするとかもアリ。


 ボタン

二つ穴の開いた薄めのものひとつ。
チャンルー風に作る場合、シルバーのボタンで。
大きさは1〜1.5センチ程度。


 

ビーズが通る太さのものなら何でも良い。
一つのビーズに2回は糸を通すし、
長さが足りなくなった場合結んで継ぎ足すので、あまり太いとダメ。
細すぎても強度が不安なので
ビーズステッチ糸などがおすすめ。

色は革コードに合わせるのが無難です。


 

 あまり太いとビーズに通せないため、細めが良い。
糸を通してビーズの穴を2回は通れる太さで。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。