スポンサード リンク

2013年10月21日

チャンルー風ブレスレットに使うボタンパーツ

 ビーズブレスレットを作るならまずTピンや9ピン、アジャスターにカシメなどたくさんの金具や用具が必要ですが、
チャンルー風ラップブレスを手作りするのに必要なものは少ないです。

 ビーズと革コード、糸と針。

 とってもシンプルな材料で作れるから手軽で始めやすいですよね^^

 でも、たった一つ
これがあればもっとカッコ良くなる!というアイテムがあります。

それは 留め具にするためのメタルパーツ


 ボタンでも代用できますが
チャンルー風にカッコ良く作りたいならメタルパーツは必須。

 高価なものではないのにインターネットでもまだ取り扱いをしているお店は少ないです・・
でもこれは是非使用していただきたいアイテム!



 こういうパーツを使うと、手作りブレスレットでも市販品のように見えますよ^^
専用品なので使い勝手も抜群。
おすすめです〜♪



2013年10月11日

糸の色を変えてみる

 10月になりましたね^^

でも今年はまだまだ暑く、半袖ばかり着ていて
おかげでチャンルー風ブレスレットも大活躍しています。

チャンルー本家では10月のおすすめブレスは
10月誕生石のオパールを使ったデザインを紹介しています。

オパールは乳白色よりは少し透き通って、
白っぽかったり中にいろんな色が見えたりする不思議な石です。

この石も革ととっても相性がイイんですよね。
ハードになり過ぎず女性らしい優しいイメージのアクセサリーができます。


 さて、今回は糸を変えてみるというお話。

チャンルー本家でもよくありますが
革と石をシンプルな色使いにしたら、糸は少し主張する色を使ってみる。

例えば今なら落ち着いたグリーン系の糸など
少し明度彩度の低い落ち着いたカラーの糸にすると秋冬に付けやすいものができます。

糸を目立たせるために
いつもより太めの糸を使ったりすると素敵^^

手芸屋さんへ行くと、1本なのに虹のように何色もの色が出ているレインボーカラーの糸がありますが
そういうのを使用しても面白いですね!
自分で好きな糸を合わせても楽しそう。

細めの毛糸などでも、ポコポコと塊があるデザインのものや
ラメ入りのものがあったりするので
そういうのを使ってみても思いがけないものが出来上がりそうです!





2013年10月01日

チャンルー2013年秋冬は大ぶりデザインが人気!

  チャンルーの公式サイトを見ると、2013年秋の新作がたくさんラインナップされるようになりました。

その中でも目を惹くのが『大ぶり』デザイン。

今までのチャンルーブレスレットは細いものをグルグルと5連に巻いてボリュームを出す、というデザインが主流でしたが、
今季は使用される石自体のサイズが大きくなっており
シングル〜2,3連巻きでもとってもボリュームがあって目立つデザインのものが登場しています。

 例えて言うならパワーストーンブレスレットのような大きさの石を使用して
革コードで編んでチャンルーブレスに仕立てている感じです。


 この大ぶりデザインなら、手作りする場合には材料も少なくてすみますし
より手軽に簡単に完成させることができそう^^

ボリュームがあって存在感バツグンですから、プレゼントにするのもいいかも!


 また、チャンルーではさらに部分的に変形ビーズを取り入れたりして
以前のものとは雰囲気の異なるデザインも登場しています。

いつまでもただ細長い5連のものというのも変わりばえがないですし、
この秋は大きめビーズで個性的なボリュームブレスレットを作ってみてはいかがでしょう?^^




posted by emi at 12:14| 2013秋のチャンルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。