スポンサード リンク

2016年06月10日

手作りチャンルー風ブレスレットの材料

 チャンルーのブレスレットは 革でできたコードとビーズ、糸、留め具のボタンという非常にシンプルな材料でできています。とくに留め具の部分はボタンをコードに通して結ぶだけなので
一般的なアクセサリーの留め具のような部品が必要なく、その点でも手軽に作りやすいと思います。

 では、材料について順番に説明します。

 革(レザー)コード

丸革ひも。平べったいものは適さない。1.5ミリ径。
革コードは2本必要です。
チャンルー風に何重にも巻く場合、長さは1本につき1.5m以上必要になります。
手芸店によっては1mカットのものしか販売していないこともあるので
好みの長さを量り売りしてくれるところで購入します。
ちなみに1本1mで作成すると腕に巻けるのは女性で2周〜2.5周くらい。

おすすめ↓
A15Y-本牛革コード丸(国産)1.5mm 【1m単位の切り売り】


 ビーズ

チャンルー風に作るなら丸いビーズがおすすめです。
初めて作る場合はあまり細かいと挫折するので
ひとつ5ミリはあったほうが良い。

全部同じ石を使っても良いし、
好みでバラバラにしても、色んな石を使ってもいい。
途中で大きさが変わっても大丈夫なので
中央部分だけ大玉にするとかもアリ。


 ボタン

二つ穴の開いた薄めのものひとつ。
チャンルー風に作る場合、シルバーのボタンで。
大きさは1〜1.5センチ程度。


 

ビーズが通る太さのものなら何でも良い。
一つのビーズに2回は糸を通すし、
長さが足りなくなった場合結んで継ぎ足すので、あまり太いとダメ。
細すぎても強度が不安なので
ビーズステッチ糸などがおすすめ。

色は革コードに合わせるのが無難です。


 

 あまり太いとビーズに通せないため、細めが良い。
糸を通してビーズの穴を2回は通れる太さで。



2014年07月03日

2014年夏のチャンルーデザイン傾向

 チャンルーブレスレットの最も似合う季節になってきました。

チャンルー風ブレスを手作りする際も、
2014年夏のチャンルーアクセサリーのデザイン傾向を知っておくと
よりトレンドを意識した素敵な作品が作れるかもしれません。

やはり毎年トレンド(流行)というものはあるもので、
例えばデニムなどでも毎年トレンドのシルエットというものが更新されます。

それを取り入れると全体的に垢抜けたスタイルになりますし
逆にずっと同じシルエットのものを身に着けていると
やぼったい感じになりかねませんよね。

ベーシックなチャンルー風ブレスをひとつ作ったら、
次はそんなトレンドを意識したデザインやカラーで作ってみてはいかがでしょうか?


今年のチャンルーでは
「チャーム」を取り入れたものがあります。
好きなチャームを選んでプラスするんです。

20140703.jpg
(チャンルーHPより)

丸カンを使ってビーズに繋げているようです^^
自分の好きなチャームをセレクトすることで
よりオリジナリティーのあるブレスレットが出来上がりますね!

細く長い金属パーツを入れていたり、
刺繍糸のような糸を結び付けていたり。


20140703-1.jpg
(チャンルーHPより)

また、ビーズの色に合わせて糸の色を変えているものも、
より鮮やかなカラーになっています。

ビーズと同じくらい糸の存在感がありますよね!

糸が目立つので、
ここまで美しくするとなると技術も必要になってきますが^^;

やっぱり5連はステキですね〜
よく、運動している人がリストバンドをしていますが
あれがカッコよく見えるのは私だけではないはず。

腕をあれくらいの幅で覆うものを身に着けると
カッコよく見えるんですよきっと!^^
きゅっと締まって見えるからかも。


 さあ、今年の夏も
自分の好きな色とデザインで
ラップブレスレットを作りましょう♪


posted by emi at 22:27| 2014年のチャンルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

クリスマスにチャンルーブレス

 クリスマスにチャンルーブレスレットを、とお考えの方も多いかもしれません。

 手作りもいいけれど、
きっちりと編みこまれたキラリと輝く本物もカッコイイですよね。

 色使いの美しさ、洗練されたデザイン
身に付けたときの高揚感や満足感は
やはり本物ならではのものがあります。

 年に一度のクリスマス、
プレゼントにねだってみては?^^

もちろん、ご自分へのご褒美にもピッタリだと思いますよ!

 チャンルーのアイテムをカテゴリ別に探すことができます。
いろんなタイプのチャンルーが揃っているので
手作りの参考にするにもいいですよ^^



posted by emi at 06:03| クリスマスにチャンルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

クリスマスプレゼント用にメンズチャンルーを作る

 そろそろクリスマスプレゼントのリサーチを始めても良い頃ですね^^

もし、彼にチャンルー風ラップブレスを手作りしてプレゼントするなら
今から練習しておくのもいいかもしれません。
手作りものは、作れば作るほど上達して完成度がアップしますよ!

 それから、彼のファッションに合うような
石×革コード×糸の色
をいろいろなパターンで考えてみて
それぞれの材料の調達はどこでするのか
ネットや店舗を見て回ることも大切です。

 また、アクセサリーに対する反応も知っておきたいところです。
 5連が好きそうか、
シンプルに1重巻きが好きそうか
はたまたアンクレットのほうが良さそうか・・など。

 あまりアクセサリーをつけないタイプの彼に5連をプレゼントしても
ちょっとびっくりされてしまうかもしれませんからね^^

 手編みのマフラーやセーターをもらうよりは
(人によってはそちらのほうが良いかもしれませんが)
トレンドのオシャレなアクセサリーを手作りでもらう方が重くならず良いような気がします。


 カップルならお揃いで自分の分も作っちゃうとか良いですよね!

 上手に作れたら
きっと「また作って!」と言ってくれそうじゃないですか?^^
いろいろ作ってお互いシェアして使うのも素敵だと思います。





2013年11月01日

ラップブレス×ファッション

  
写真 (12).JPG

 チャンルー風ラップブレスレットは革コードと石で作るのですが
多くの人は肌馴染みの良い茶色やベージュ、黒などの
ベーシックカラーの革コードを使って作ることが多いと思います。

 ベーシックカラーのラップブレスはどんなファッションにも合いますしとても付けやすいです。
でも、たまにはカラーコードで作ってみるのはどうでしょう?

 ピンクや紫、青や黄色のコードで作ると
たちまちアクセントカラーとしてファッションのポイントになることでしょう!

 その場合には上の写真のように
洋服の色味に合わせて付けてみるとしっくりオシャレにまとまります^^

 洋服の色とブレスレットの色が同じだととってもオシャレな感じがしませんか?
自分のファッションの傾向と同じ色味で作っておくと良いかもしれません。
または、挿し色にしたい色味で。

 コーディネートにアクセントのある人はとってもおしゃれに見えますよね。
「洋服に合わせてブレスレットの色も変える」
これは簡単でありながらとても効果的なファッションテクニックです!




posted by emi at 14:21| チャンルー×ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

チャンルー風ブレスレットに使うボタンパーツ

 ビーズブレスレットを作るならまずTピンや9ピン、アジャスターにカシメなどたくさんの金具や用具が必要ですが、
チャンルー風ラップブレスを手作りするのに必要なものは少ないです。

 ビーズと革コード、糸と針。

 とってもシンプルな材料で作れるから手軽で始めやすいですよね^^

 でも、たった一つ
これがあればもっとカッコ良くなる!というアイテムがあります。

それは 留め具にするためのメタルパーツ


 ボタンでも代用できますが
チャンルー風にカッコ良く作りたいならメタルパーツは必須。

 高価なものではないのにインターネットでもまだ取り扱いをしているお店は少ないです・・
でもこれは是非使用していただきたいアイテム!



 こういうパーツを使うと、手作りブレスレットでも市販品のように見えますよ^^
専用品なので使い勝手も抜群。
おすすめです〜♪



2013年10月11日

糸の色を変えてみる

 10月になりましたね^^

でも今年はまだまだ暑く、半袖ばかり着ていて
おかげでチャンルー風ブレスレットも大活躍しています。

チャンルー本家では10月のおすすめブレスは
10月誕生石のオパールを使ったデザインを紹介しています。

オパールは乳白色よりは少し透き通って、
白っぽかったり中にいろんな色が見えたりする不思議な石です。

この石も革ととっても相性がイイんですよね。
ハードになり過ぎず女性らしい優しいイメージのアクセサリーができます。


 さて、今回は糸を変えてみるというお話。

チャンルー本家でもよくありますが
革と石をシンプルな色使いにしたら、糸は少し主張する色を使ってみる。

例えば今なら落ち着いたグリーン系の糸など
少し明度彩度の低い落ち着いたカラーの糸にすると秋冬に付けやすいものができます。

糸を目立たせるために
いつもより太めの糸を使ったりすると素敵^^

手芸屋さんへ行くと、1本なのに虹のように何色もの色が出ているレインボーカラーの糸がありますが
そういうのを使用しても面白いですね!
自分で好きな糸を合わせても楽しそう。

細めの毛糸などでも、ポコポコと塊があるデザインのものや
ラメ入りのものがあったりするので
そういうのを使ってみても思いがけないものが出来上がりそうです!





2013年10月01日

チャンルー2013年秋冬は大ぶりデザインが人気!

  チャンルーの公式サイトを見ると、2013年秋の新作がたくさんラインナップされるようになりました。

その中でも目を惹くのが『大ぶり』デザイン。

今までのチャンルーブレスレットは細いものをグルグルと5連に巻いてボリュームを出す、というデザインが主流でしたが、
今季は使用される石自体のサイズが大きくなっており
シングル〜2,3連巻きでもとってもボリュームがあって目立つデザインのものが登場しています。

 例えて言うならパワーストーンブレスレットのような大きさの石を使用して
革コードで編んでチャンルーブレスに仕立てている感じです。


 この大ぶりデザインなら、手作りする場合には材料も少なくてすみますし
より手軽に簡単に完成させることができそう^^

ボリュームがあって存在感バツグンですから、プレゼントにするのもいいかも!


 また、チャンルーではさらに部分的に変形ビーズを取り入れたりして
以前のものとは雰囲気の異なるデザインも登場しています。

いつまでもただ細長い5連のものというのも変わりばえがないですし、
この秋は大きめビーズで個性的なボリュームブレスレットを作ってみてはいかがでしょう?^^




posted by emi at 12:14| 2013秋のチャンルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

クルチアーニとの重ね付け!

  チャンルー風ブレスレットはそれだけでもとってもオシャレなのですが、

ファッションコーディネートのバランス的に もっとがっつり手元を強調したいときや
カラーコーディネートのバランス的に もっと手元のカラーを強調したいときには

他のアイテムとの重ね付けをするのがおすすめです。


 話題のブレスレットの組み合わせとしては、
このサイトでもご紹介した『シルクリボン』
この夏から大流行している『クルチアーニ』の刺繍ブレスレットがあります。

 クルチアーニは1本1050円〜とお手頃ながら、
その上質で繊細なデザインと豊富なカラーで
手元のおしゃれをグッと格上げしてくれるとても便利なアクセサリー。

 例えば、秋冬の濃色コーデに合わせて
手元にイエロー系のカラーでバランスをとりたい場合には
『手持ちのチャンルー風ブレス+イエローのクルチアーニ』
オレンジ系を差し色にしたい場合なら『オレンジやベージュのクルチアーニ』
などをプラスするだけで
簡単にカラーコーディネートの完成度をアップさせることができるんです^^

 こんなふうにクルチアーニを数色揃えて持っておくと
毎日の手元のコーデが楽しみになりますよ♪

 周囲の人の目にも
服装によって手元もカラーコーデしているおしゃれな人、と映るに違いありません。

 私も何本か持っていますが、
チャンルー風ブレスとだけでなく、腕時計やシルクリボンとコーデを合わせたりして楽しんでいます!












   クルチアーニ




2013年09月09日

2013秋のチャンルー風ブレスを作るなら


 こんにちは^^

 暑すぎた2013年の夏はそろそろ終わりが見えてきましたね。
ファッション界ではもう秋冬のデザインものがメインになってきています。

2013年秋のチャンルーブレスレットは
やはり秋めいたというか、夏のイメージのあるトルコ石はあまりなくなって
スモーキークゥオーツなどくすんだ色合いの石を使ったものがたくさん!

ベージュ系
オレンジ〜ブラウン系
赤系
深いブルー系
黒、グレー系

など、温かみや落ち着きを感じさせる色使いが特徴です。

 2013年秋にチャンルー風ラップブレスレットを手作りするなら、
こういった色合いを参考にしてみるのもいいかもしれません^^

 長袖になってしまうから、手首に巻くチャンルーは見えなくなるんじゃないの?
という疑問をお持ちの方もいるかもしれませんね。
でも、ラップブレスはもともとグルグルと自分の手首のサイズに合わせて巻き付けて付けるもの。
長袖タートルの袖上に巻いてもいいですし
手首をちょっと捲くったときにチラッとブレスレットが見えるのも素敵だと思います♪

 そのサイズ調整もできるのが手作りならでは。

 手作りでしたら端のアジャスター次第で
ブレスレットとネックレスの2WAYになるように作成することもできますしね。
2WAYの作り方も載ってる本が発売されました!

 
 本物を見て秋のデザインをチェックするならこちら。
『本物を見て勉強する!』の記事へ




posted by emi at 14:45| 2013秋のチャンルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。